寄金細工とは

寄金細工(よせがねざいく)とは

金属工芸における色の異なる金属を組合せ多彩な幾何学文様をパターン化した総称。

木工品としては江戸時代末期に考案され、現在では伝統的工芸品指定となっている『箱根寄木細工(YOSEGIZAIKU)』が有名である。

金属工芸においては「はぎあわせ」・「きりばめ」など技術的な行為として呼ばれてきたがその体系的な名前が存在しなかったため、技術的にスポットライトがあたりにくい技法であったが、本来その内容は評価されるすばらしい技術である。
〈杢目金屋〉においてその技法を『箱根寄木細工』にならい【寄金細工(よせがねざいく)】と命名。

江戸時代当時の煙管(きせる)や緒締(おじめ)などの作品に【寄金細工】の技法が用いられているのを見ることができる。『箱根寄木細工』とは江戸時代末期に箱根町 畑宿に住む石川仁兵衛(寛政2年[1790]~寛永3年[1850] )により創作されたと伝えられている。

✽【寄金細工】は杢目金屋の登録商標です。

寄金細工の紋様

  • 市松模様
    市松模様 黒と白・赤と白などの異なった2色の正方形を交互に並べた形の文様で、石畳文とも呼ばれている。これは、江戸時代の中頃、歌舞伎役者の佐野川市松が袴(ハカマ)に着用して舞台にでたことから、市松文様と呼ばれるようになった。
  • だんだら縞
    だんだら縞 布の横筋を違った色に染めた模様。地色と筋が同じ太さの横縞(よこじま)。「だんだら(段だら)」とは、段が幾つもあること。
  • 手綱染(たづなそめ)
    手綱染(たづなそめ) 紅白・紫白などの2色で幅広に染め分けた斜めの縞模様。馬の手綱によく使われることから名づけられる。江戸時代の名女形だった歌舞伎役者、嵐小六が「夢結ねぐらの蝶」のお房役の舞台衣装に用いたことから流行した。
  • 棒縞(ぼうじま
    棒縞(ぼうじま) 太い筋の縦縞(たてじま)。

髙橋正樹または杢目金屋の許可無く本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。