桜一輪

杢目金屋の桜

満開の桜の美しさは、可憐な一輪一輪それぞれの美しさが創り出しています。
「さくらダイヤモンド」を桜の花びらで包み込み、木目金の枝がやわらかな流れを作り出すことで、
可憐な木目金の「桜一輪」ができあがりました。


桜イメージ



デザインストーリー

実物の桜の花一輪を再現したかのようなリング「桜一輪」。
それは決してデザイン画だけから生み出されるものではなく、職人が手を動かし、その経験とセンスにより、
どの角度から見ても桜一輪の美しさが感じられるように形作られたのです。
試行錯誤を何度も重ね、自然に生まれる流れを大切に「手で考え、手で創る」。 杢目金屋のものづくりからそれは生まれました。

桜一輪
文字

横からの佇まいは一輪の桜が咲き誇る、
凛とした美しさを象徴するデザインとなっています。
婚約指輪に関しては、こちらをご覧ください。

「つぼみあふれる中、最初に咲いたその一輪にきみを重ねて」
出会った頃の初々しい想いをいつまでも忘れない。
おふたりがこれから一生共に歩む誓いのリングのコンセプト。

文字

「さくら咲くその瞬間をダイヤモンドの中に」
さくら模様がダイヤモンドに可憐に浮かび上がります。
さくらダイヤモンドに関しては、
こちらをご覧ください。

文字

エンゲージリングと同じ木目金の板から、マリッジリングをお作りいたします。
より一層おふたりの絆が深まります。
結婚指輪に関しては、こちらをご覧ください。